家賃が安いから生活は楽になる

シェアハウスは、一戸建ての住宅を部屋単位で賃貸し、LDKの部分は共用部分として利用する賃貸形態のことをいいます。
借り手の立場からすると、一戸建ての家を借りる場合、どうしても家賃が高くなってしまいます。また、一戸建ては部屋がいくつもあるため、借り手からすると部屋は多くいらないということにもなってしまいます。
そこで、最近、シェアハウスという新しい賃貸形態が登場したのです。部屋単位で借りることができるので、自分にとって必要な生活スペースを借りることができる上に、家賃も安く抑えられます。また、こうした賃貸形態なので、建物や立地がいいところでも、比較的安い家賃で借りることができるのも大きなメリットなのです。
それから、この賃貸形態では、結果的に一戸建てに複数の人が住むことになります。ですから、ひとりぐらしとして利用しても、誰かがいるので寂しさを感じることが少ないです。また、学生や若いサラリーマンに人気がありますが、最近ではシニア層が食事や掃除を担当して生きがいを感じることができているというお話もあります。
このようにシェアハウスは、家賃が安く済む上に、いろんな人と交流できるというメリットがあり、今後も注目される賃貸形態なのです。

FRIENDSITE

シェアハウスは一つの住宅物件を複数人で共同利用する行為を指します。私財を保管する生活の場を他人と共有することになるので、信頼できる相手を選ぶことが快適に暮らすための心得です。


生活における注意点

シェアハウスとは、一つの住居で複数人が共同生活を送ることを言います。最近ではテレビ番組やドラマ等の影響もあり、若者の間で人気となっています。年齢・性別・職業・国籍・・・全てが違う、多種多様の人間が一つ屋根の下に集まるので、思いがけず自分の視野が広がることもあるでしょう。一人暮らしと比べて、家賃・光熱費・その他生活費を抑えることができ経済的にもメリットがあります。何か相談したい時・困っている時・話し相手が欲しい時、必ず誰かが家にいるという安心感もありますね。
ですが共同生活と言えど、やはり「他人同士である」ということを忘れてはいけません。
挨拶はしっかりする、共有スペースは綺麗に利用する、同居人への配慮・尊敬を怠らない、お互いのプライバシーは守る、自分にとっての「当たり前」が他人にとっても同じだと思い込まない・・・一見簡単なようにも思えますが、このようなことが出来ていない為に住民同士のトラブルは起きてしまうのです。トラブル防止の為に住民同士でシェアハウスのルール等を話し合うのもいいかもしれません。
人生は一期一会。せっかく出会えた同居人なのですから、お互いにとってプラスとなるような共同生活にしていきたいものですね。